お金借りる場所はどこがある?

お金借りる場所でオススメはどこ?お金を借りるといっても使用目的や借入金額になど条件によって借入場所は違ってきます。この記事ではあなたの状況を踏まえ、最適な借り入れ場所の選択方法をご紹介したいと思います。
初めての借入れはこちらがおすすめ!
SMBCモビット プロミス アイフル

SMBCモビット

SMBCモビット

プロミス
プロミス公式へ

アイフル
アイフル公式へ

お金を借りられる場所と特徴

お金借りる場所を探しているあなた。お金が必要になったときに考えるのが、どこに申し込んで借りようかということでしょう。

金融君1

お金を貸してくれる業者はたくさんあります。また業者でなくてもお金を貸してくれる人もいますが、まずはお金を借りられる場所や相手など考えられるものを挙げてみます。
    お金借りる場所 特徴
    国・自治体 最も低金利で借りられる。審査が厳しい。融資に数週間かかる。
    銀行 低金利で借りられる。審査が厳しい。融資に数日~2週間がかかる。
    消費者金融 金利は高いがすぐに借りられる。即日融資可。
    家族・親戚 利息なしで借りられる。返済を待ってもらえる。
    知人 利息なしで借りられる。トラブルになることも多い。

    この中でメリット・デメリットを考えると、誰にも気を使わずに借金する方法が消費者金融や銀行のカードローンといえます。

    ですが、どんな理由でいくら借りたいのかによって適切な借金の方法やお金を借りる場所は変わってきます。ここからは状況別に借入先を見ていきましょう。

    いくら借りたいかでお金借りる場所は異なる

    お金を借りる場所は借金の理由や借入目的によって異なります。

    借金の理由は、「生活費、冠婚葬祭費、遊び、ギャンブル、株・FX、車の購入、住宅の購入」など様々ですが、車や住宅の購入費のようにはっきりした目的がある時は、専用のローンを利用します。

    金融君1

    1万円必要な人と100万円必要な人では全く状況が違います。30万円以下ならカードローンでも借りられる人でも50万円を超える額を即日で借りるのはなかなか難しくなってきます。

    数万円借りる場合

    お金を借りる目的として一番多いのが「生活費の補填」。多くの人が、次の給料日までに数万円借りたいというケースだと思います。

    数万円であれば、銀行でも消費者金融でも金利はあまり差がなく、お金を借りる最適な場所としてはあまり変わりません。しかし、借りる金額が1万円未満など少額の場合は、親や親戚、兄弟などからお金を借りるか、友人や同僚から借りる方法でも良いでしょう。

    ちなみに、30日以内に全額返済できる見込みのある人は、「30日間無利息サービス」を実施している消費者金融のカードローンがおすすめです。30日以内に完済すれば利息はゼロ円です。

    借入希望金額が10万円を超える時

    借入希望金額が10万円を超え50万円以下の場合は、銀行カードローンか消費者金融、またはクレジットカードのキャッシングを利用するようにしましょう。

    申し込みから借り入れまでの期間が短く、クレジットカードのキャッシングなら利用枠範囲内でカードをATMに差し込むことですぐにでも借りることができます。

    審査は既に終わっていますから面倒な手続きは一切ありませんし、返済方法もクレジットカードのショッピング利用代金と同じ口座から引き落としされるだけ。一括返済が無理ならリボ払いにすることもできるので大変便利です。

    50万円以上借りたい場合

    50万以上の借入となると、源泉証明や過去数ヶ月分の給与明細などの収入証明の提示が必要になる場合も多く、気軽に借入ができなくなってきます。

    50万円以上必要という場合は、銀行系カードローンがおすすめです。なぜなら消費者金融の場合、総量規制の対象になるので年収の1/3以上の借入は不可能であり、始めの借入限度額が30万円以下になることが多いからです。

    詳しくは後述しますが、もし無職ならば公的な貸付で、失業者や低所得者の為の自立支援を目的とした「生活福祉資金制度」の中に一時生活再建費というものがあります。
    最高60万円まで借入可能ですが、貸付の対象者が「失業などで生活が一時的に困難な人」になっているので生活保護の一歩手前のセーフティーネットとして位置づけられている資金制度と考えましょう。

    借入目的でお金を借りる場所を考える

    自動車を購入する、子供の教育に必要なお金を借りる、など使用目的がはっきりしていて、まとまった高額なお金が必要な時は、それぞれに合った専用のローンを活用するのがおすすめです。

    また、住宅を購入するため住宅ローンでお金を借りる場所は、銀行を含めた金融機関かフラット35で有名な住宅金融支援機構がおすすめ。

    学生なら大学に行くために奨学金を借りたり、子供の教育資金のために国の教育ローンなどで借りることも検討してみましょう。

    その他にリフォームローンやブライダルローンなどであれば、借入先は金利が低めの銀行や勤務先の従業員貸付制度がおすすめです。

    従業員貸付制度は会社から前給という形ではなく、お金を借りる制度ですが、そういった制度があることはなかなか知られていません。目的がしっかりしたもので、かつそこまで高額な借入でなければ、金利も安い会社の貸付制度を活用してみましょう。

    また、企業が運転資金や設備投資などの事業資金を必要とする場合、銀行や信用金庫などから借りるのがおすすめです。

    法人であれば決算書を提出し、個人事業主であれば確定申告を提出し、そのうえで、企業の業績によって審査の可否が決まります。審査に通過すれば、最大数千万円の融資を受けることができます。

    状況に合わせてお金借りる場所を考える

    上記のように車が欲しいならマイカーローン、事業目的で使用する場合は事業ローンと目的がそれぞれ異なります。ですので自分の状況を考えて借入先を決めるのも重要です。

    例えば、カードローンやキャッシングと一口に言っても審査スピードや金利が違います。銀行カードローンなら借入金利は銀行によって多少違ってくるもの、標準金利は年14.5%前後

    しかし今すぐお金が必要となると、銀行カードローンは申し込み時間帯や曜日によって融資実行まで2、3日かかってしまうことがあります。

    その点消費者金融なら即日融資を従来行ってきた経験がある為、平日の14時までに申し込みを完了させれば最短で30分程度で審査結果が分かります。※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合もあります。

    審査に通過すれば振込キャッシングによって、申し込んだその日のうちに指定する銀行の口座にお金を振り込ませることも。

    たとえ申し込み時間に間に合わなかったとしても、20時までに申し込みを完了させ、ローンカードを無人契約機から発行させることで、22時までなら借入することも可能です。

    以上を踏まえ状況別の借入先をまとめてみました。

    スピードを優先する(即日、急ぎで借りたい場合)

    • クレジットカードのキャッシング枠の利用
    • アコム、プロミスなどの消費者金融のキャッシング
    • 三井住友銀行カードローンなどの銀行系カードローン(※即日融資はできません)

    時間がかかっても金利を優先する(返済の負担を減らしたい場合)

    • 公的融資(市役所、ろうきん)
    • 会社の貸付制度
    • 三井住友銀行カードローンなどの銀行系カードローン

    お金を借りる場所は目的や金額、状況によっても様々ですが、返済プランを明確に、そして自分の生活に合ったお金の借入先を探すことが大切だということを覚えておきましょう。

    消費者金融や銀行カードローンで借りれない人がお金を借りる場所

    消費者金融や銀行カードローンでお金が必要でも借りれない人は市役所に相談してみましょう。通常お金を借りる場合、金融業者や銀行、クレジットカード業者が一般的だと言えるでしょう。ですが実はこれだけではなく、他にも方法が存在するのです。

    それは市役所でお金を借りる方法なのですが、実際には知らない人が多くなっています。これは日本全国どこの市町村であっても行われている制度なので、まずはこのような方法が存在していることを確認しておくことが重要です。

    総合支援資金

    お金が必要でも借りれなかった人におすすめなのが総合支援資金。単身の場合は月15万円、2人以上で生活をしている場合には月20万円を上限として借入することが可能になっています。

    さらに住居が存在していないという場合には、入居費として40万円まで借りられます。

    もちろんこれだけでは不十分なので、生活が再建できるようにと60万円までの借り入れも可能になっているので、まずはこのような方法が存在するということを知っておきましょう。

    福祉資金

    お金が必要でも借りれなかった人におすすめなのが福祉資金。これは福祉費として最大580万円、緊急時の一時借り入れ金として10万円まで借りることができるのです。

    教育支援資金

    お金が必要でも借りれなかった人におすすめなのが教育支援資金

    教育支援資金と言われると、大学に入学するときに大金を借りて、卒業後に多額の利息を付けて返済する奨学金が思い浮かぶでしょう。

    これ以外にも、市役所でお金を借りる方法が存在しているのです。なお、高等学校や短大、大学などの学校の種類によって、借りられる金額が変わってきます。

    不動産担保型生活資金

    お金が必要でも借りれなかった人におすすめな4つ目の方法が、不動産担保型生活資金

    これは月30万円以内となっているのですが、他にも土地の評価額の70パーセント前後という決まりもあるのです。

    お金が必要だけどどこも借りれない、貸してくれない時、このような方法もあります。詳しいことは市役所の担当者に聞いてみましょう。きちんと理解できるようにいろいろと教えてくれますよ。

    みんなが利用している消費者金融カードローンはこちら

    初めての借入れはこちらがおすすめ!
    SMBCモビット プロミス アイフル

    SMBCモビット

    SMBCモビット

    プロミス
    プロミス公式へ

    アイフル
    アイフル公式へ

    TOP⇒今すぐお金を借りる!【※キャッシングカードローンまとめ】

    Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018